Twitterのリプライ機能で贈ることはできますか

推奨いたしません

一対一のコミュニケーションツールでギフトカードURLを送信してください。
(LINEやDM、メッセンジャーなどを想定しています)

ギフトカードURLは、URLを知っていれば誰でも開ける仕組みです。
(受け取り主が会員登録をしなくても良いメリットがあります)

第三者が見ることができる場所、例えばTwitterのリプライや、
匿名メッセージツールの返信でギフトカードURLを露出することはおやめください。